あり方

宝塚市 たるみ歯科クリニック 院長の樽味です。平成18年4月から、歯科医師の臨床研修制度が必修化されました。歯科診療に従事するには、6年かけて歯学部を卒業し、国家試験合格後、大学や我々のような協力型研修施設で1年間の臨床研修を終えなければなりません。けっこう大変なんです。さて先日から、阪大の6年生が、卒後の研修先を探すため見学に来ています。そんな時は見学の前に、仙台ワンデーのスライドを使って我々の考えを伝

研修医へのメッセージ

宝塚市 たるみ歯科クリニック 院長の樽味です。平成18年4月から、歯科医師には臨床研修制度が必修化されました。歯科診療に従事するためには、6年かけて歯学部を卒業し、国家試験合格後、大学や我々のような協力型研修施設で1年間の臨床研修を終えなければなりません。けっこう大変です。さて先日から、阪大の6年生が、卒後の研修先を探すため見学に来ています。そんな時は、診療見学の前に、仙台ワンデーのスライドを使って我々の

ホームデンティスト論

宝塚市 たるみ歯科クリニック 院長の樽味です。昨年末、日本ヘルスケア歯科学会の大阪ワンデーセミナーで、ホームデンティスト論を僕が30分、当院の歯科衛生士TさんとNさんが医院の変遷(苦労話)を15分喋る機会をいただきました。TさんとNさんの赤裸々な裏話が参加者の共感を呼んだこともあって、数か月前、今年7月に行われる仙台ワンデーセミナーでのオファーをいただきました。ただし今回は歯科医師向けなので、60分、僕がひと

歯科衛生士の求人

宝塚市 たるみ歯科クリニック 院長の樽味です。今日は診療後、20時ぐらいまで若手歯科衛生士5名と症例検討をしていました。皆でレントゲン写真や口腔内写真を見て、我々が、その患者さんの病態をどのように捉え・考えるかを伝えました。さて、うちの医院では、先日退職したNさんに続き、同期のYさんが8月から産休に入ります。我々のような予防型歯科医院において、キャリアが豊富な歯科衛生士が減ることは大打撃そこでこの夏、歯科

14周年

宝塚市 たるみ歯科クリニック 院長の樽味です。2003年5月20日に開業した当院は、先日14歳となりました。そのお祝いと、阪大・保存科から派遣される2名の歯科医師の歓迎会を兼ねて、先日、逆瀬川のPISOLA (←クリックしたらPISOLAのHPに飛びます) に行きました。リゾート気分を味わえる内装と料理、とても良かったです。7月からは阪大の、12月からは岡大の研修医を受け入れることになっており、その2名も来てくれました。歯を診る

14歳

宝塚市 たるみ歯科クリニック 院長の樽味です。2003年5月20日に開業した当院は、先日14歳となりました。そのお祝いと、阪大・保存科から派遣される2名の歯科医師の歓迎会を兼ねて、先日、逆瀬川のPISOLA (←クリックしたらPISOLAのHPに飛びます) に行きました。リゾート気分を味わえる内装と料理、とても良かったです。7月からは阪大の、12月からは岡大の研修医を受け入れることになっており、その2名も来てくれました。歯を診る