日本ヘルスケア歯科学会誌2017

宝塚市 たるみ歯科クリニック 院長の樽味です2017年、対外的な最後の仕事は、日本ヘルスケア歯科学会誌の巻頭言作成でした。実は、締め切りのみならず、依頼されたことすら忘却の彼方で…12月上旬は大変でした ただし、僕の性格として、追い込まれた時ほど集中します。以下に示しますように、僕が大切にしている『ヘルスケア型診療』への考え方をまとめることができました。そして文章を推敲する過程で、我々のコア(= 大切にして

意識を合わせる

宝塚市 たるみ歯科クリニック 院長の樽味です。2003年5月に開業した当院は、15年目に入りました。歯科医師の入れ替わりは少ないものの、受付担当者や歯科衛生士において、ここ数年、結婚・出産などによる世代交代が起こり始めています。12年で干支がひと回りしますが、2周目に入ったな~と思う、今日この頃です。ちなみに1周目は、波乱万丈試行錯誤を繰り返し、時にはスタッフと衝突しながらも皆で方向性を模索し、ヘルスケア型診

あり方

宝塚市 たるみ歯科クリニック 院長の樽味です。平成18年4月から、歯科医師の臨床研修制度が必修化されました。歯科診療に従事するには、6年かけて歯学部を卒業し、国家試験合格後、大学や我々のような協力型研修施設で1年間の臨床研修を終えなければなりません。けっこう大変なんです。さて先日から、阪大の6年生が、卒後の研修先を探すため見学に来ています。そんな時は見学の前に、仙台ワンデーのスライドを使って我々の考えを伝

研修医へのメッセージ

宝塚市 たるみ歯科クリニック 院長の樽味です。平成18年4月から、歯科医師には臨床研修制度が必修化されました。歯科診療に従事するためには、6年かけて歯学部を卒業し、国家試験合格後、大学や我々のような協力型研修施設で1年間の臨床研修を終えなければなりません。けっこう大変です。さて先日から、阪大の6年生が、卒後の研修先を探すため見学に来ています。そんな時は、診療見学の前に、仙台ワンデーのスライドを使って我々の

ホームデンティスト論

宝塚市 たるみ歯科クリニック 院長の樽味です。昨年末、日本ヘルスケア歯科学会の大阪ワンデーセミナーで、ホームデンティスト論を僕が30分、当院の歯科衛生士TさんとNさんが医院の変遷(苦労話)を15分喋る機会をいただきました。TさんとNさんの赤裸々な裏話が参加者の共感を呼んだこともあって、数か月前、今年7月に行われる仙台ワンデーセミナーでのオファーをいただきました。ただし今回は歯科医師向けなので、60分、僕がひと

歯科衛生士の求人

宝塚市 たるみ歯科クリニック 院長の樽味です。今日は診療後、20時ぐらいまで若手歯科衛生士5名と症例検討をしていました。皆でレントゲン写真や口腔内写真を見て、我々が、その患者さんの病態をどのように捉え・考えるかを伝えました。さて、うちの医院では、先日退職したNさんに続き、同期のYさんが8月から産休に入ります。我々のような予防型歯科医院において、キャリアが豊富な歯科衛生士が減ることは大打撃そこでこの夏、歯科