時短

宝塚市 たるみ歯科クリニック 院長の樽味です。以前から医院待合室などで告知しておりましたように、10月から平日の受付最終時間を30分だけ短くし、17時半といたしました。“患者さんのためには遅くまで診療すべき”とか、“遅くまでやらないと収益が…”と考える人もいます。しかしこれからの時代、患者さんのみならずスタッフのことも大切に考え、皆が永く勤めやすい職場を創りながら健全な運営をする 『バランス感覚』 が重要だと

3年前の今日

宝塚市 たるみ歯科クリニック 院長の樽味です。3年前の今日(2014年7月8日)、心房細動に対する治療(カテーテル・アブレーション)を、梅田の病院で受けました。手術とは、自分の身体を、医師に“委ねる”こと。そこに至るまで自分の中で様々な葛藤がありましたし、大げさですが、手術前日には遺書っぽいものを書きました 当時を振り返ると、最後は、“この先生なら委ねられる”という信頼感だけでしたね。僕の主治医は、患者さんそれ

ドラッカーミーティング・再び – 1

宝塚市 たるみ歯科クリニック 院長の樽味です。4月21日(金)は、お困りの患者さんには申し訳なかったのですが、午前を休診にして、全体ミーティングを行いました。職員数の多い当院では、医院の方向性や価値観をみんなで共有するため、時々ミーティングを行っています。2010年9月には、もしドラを参考図書にして自分たちの顧客や価値について考えました。最近、ドラッカーを読み返して気づいたことがあり、ブログを遡って当時のこ